Nisel BBS: 分散ハッシュテーブルを用いたサーバレス電子掲示板システム


本研究について

電子掲示板システム(BBS) はクライアント・サーバ方式(C/S方式)が主流です.
C/S方式はデータの管理が容易である反面,利用者が多くなるとデータ管理サーバや管理者に大きな負荷がかかる等の問題があります.また,データ管理サーバが単 一障害点となり,何らかのトラブルでサーバにアクセスできなくなった場合,掲示板全体の機能が利用できなくなってしまいます.
本研究では,Peer-to-Peer(P2P) 技術を用い,利用者どうしが掲示板データを管理することによって,負荷分散と耐故障性を向上を図り,データ管理サーバを必要とせずに利用可能な電子掲示板 システムを実現します.

C/S方式
図1. クライアント・サーバ方式(C/S方式)

P2P方式
図2. Peer-to-Peer(P2P)方式


サーバレス電子掲示板 テスター募集

サーバレス電子掲示板を利用してくださるテスターの方を募集しています.
テストに参加する方法は次の2通りです.
  1. 公開ゲートウェイを利用して電子掲示板を利用する.
  2. 専用のソフトウェアを利用し,電子掲示板ネットワークに参加する.
テスターの方々には,実際に本システムを利用していただき,操作性や機能についてのアンケートに答えていただきたいと考えています.ご協力よろしくお願い致します.


公開ゲートウェイとは?

本システムは,専用のソフトウェアを利用して電子掲示板にアクセスします.
しかし,ソフトウェアをインストールするのが面倒だという方のために,手軽に掲示板の機能を利用できる「公開ゲートウェイ」と呼ばれる専用のコンピュータ を用意しました.
現在用意されている公開ゲートウェイは以下の通りです.


更新情報


関連ページ

Nisel BBS: P2P型電子掲示板システム
Nisel BBS: P2P型電子掲示板システム sourceforge.jp
Nisel BBS: P2P型電子掲示板システム Project page